Maharanee Organic

南インドから野菜でつくった染料を世界へ届けます

BLOG, オーガニックコットン

From the director

From the director

人にも地球にも本当にやさしくて安全で

舐めても水に流しても土に捨てても無害な

わたしたちの何代先までも考えた

そんな自然からの恵みと愛たっぷりの

作品を生み出していく会社です。

Ms.Ranee / Managing Director   

Our Creation For The World

はるか昔、紀元前から伝わるインドの叡智と

日本人の繊細な感性から生み出される

自然界と調和した、あたらしい色のカタチ

わたしたちは、南インドの肥沃な大地で育った野菜から染料を開発しています。

描くもの、食べもの、着るものなど、誰もが安心して使える"色"を世界へ届けます。

*衣服用の染料は研究開発中となります。

Let the children be free in their expression

『やさいいろ』は、無添加にこだわり、防腐剤や保存料、人工着色料もいっさい使っていない絵の具です。

発色の美しさ、安全性、色の定着度、使いやすさなどを、南インドで微生物研究者と一緒に開発をつづけて6年あまり・・

野菜だけで作った絵の具"やさいいろ"が完成しました!

子供があやまって舐めても安心な絵の具です。

自由に、伸びやかにあなた自身を表現してみてください。
Let the children be free in their expression

The Mother Nature' Colors

インドの豊富なオーガニック野菜から作った、子供が舐めても大丈夫な絵の具です。
より楽しくより自由に、のびのびと絵を描けるように。



原材料は無農薬の野菜やハーブです。
原材料はすべて南インドで栽培され、可能なかぎり無農薬にこだわりターメリック、ビーツ、紫キャベツなどから色を抽出しました。
添加物や保存料はいっさい使っていません。
子供たちが安全で健康に遊べる、食べることができるように徹底して無添加で作り上げた色なので、お母さんも安心です。
人と暮らしに調和をもたらす色です。
自然界から抽出した優しい色は、私たちの暮らしにうるおいと優しいハーモニーをあたえてくれるでしょう。
Pure heart, Real  color

Pure heart, Real color

わたしたちマハラニオーガニックは、自然界から生み出される色で世界に貢献します。

野菜から作られた染料を、絵の具、食品用の着色料、そして衣服へ

さらに色とりどりのキャンディー、虹色のケーキへ、、、

いつも何気なく口にするもの、身に付けるもの、触れるもの。それが、人にやさしい、自然から生み出された色だったら良いと思いませんか?

ささやかかもしれない、けれど、大事なところ。

色から世界を変えていきます。

ナガランドのオーガニックコットンをお嫁(品質検査)に出したお話

ナガランドのオーガニックコットンをお嫁(品質検査)に出したお話
 
 
15284923_1483069861720311_1698352053672778054_n  
ナガランドから今年とれたオーガニックコットンのサンプルが届きました!
さあ ここからが、長い道のりです。

 
『わた』は、糸となり、糸は生地となり、生地は染めたりプリントされたり刺繍をほどこされ、縫製されて、出荷されて、梱包されて、オーダーされ、晴れてどなたかの元へお嫁に行けるのですが、まず現段階で、このオーガニックコットンが、糸になった時に長さが足りるかどうか、そしてこの品質が良いものかどうか、今、誰もわかりません。

 
繊維業に携わって、この道25年、というベテランのお二人にお会いした時も、「えっ ナガランドでコットンがとれるの??」というくらい、認知されていなかった、マボロシ中のマボロシのオーガニックコットン。

 
そもそもナガランドに関係することになったのは、私がある個人的な要求を通すために、どうしたら良いか、人に会い知恵を貸してもらい、その人が次の人を紹介し、、、を繰り返していったところ、ブクチェムさんというナガランドのミニストリーの方がデリーで私と一緒に何とかしようと申し出て下さって、数日ご一緒させていただいた事がきっかけでした。

 
(最終的に、彼はナント、内務大臣との個人面談のアポを取ってくださり、私は内務大臣にお直接願い事をする事ができ、そしてOKいただけた、という奇跡が起きるのですが、この話はまた今度。)

 
ブクチェムさんに、私がインドで何を成し得たいか、完全に本物のオーガニックコットン100%で、ケミカルフリーの安全で肌にやさしい商品を作り、日本に届けたい。そして、インドの農民にも環境にも貢献したいとお伝えすると、喜んで同意してくださり、さらに、ナガランドでオーガニックコットンが栽培されており、各家庭に糸まき機があるくらい身近だという事がわかったのです!

 
ナガランドといえば、インドの最北東、自然の多いエリア。人々の顔も、日本人によく似ていてとても親近感がわきました。

 
これはもう見に行かないと!!と強く思い、デリーからマンガロールへ戻り、その後チェンナイに行き、繊維業界の大物のお二人とお会いした時、偶然「コインバトールにある最大手のミル工場がそのナガランドからオーガニックコットンのサンプルが届くなら検査をしてくれる」となり、、、そしてやっと届いたこのサンプル。

 
この時点で、上のミル工場での品質検査はしていただけない事になってしまったのですが、上のお二人から別の所を紹介していただけて、そこの工場主さんのご好意で無事に品質検査に出すことができたのです!

 
その別のところ、というのは、わた から種を取り、糸を作る工場なのですが(ジニング、紡績工場ですね)、以前その工場の農地(農家さんでもある)で育てた希少種のコットンからとった最高級種の糸が、布となり、シャ◯ルのTシャツやヴィ◯ンのコートになった、という、(本当に繊細で、コットンなのに絹のようなしなやかさと光沢、丈夫さを持つ『ス◯◯ン』という種です。名前は今は企業秘密♡)そんな工場に検査してもらえて、しかもその工場もナガランドからオーガニックコットンを仕入れてもいいよ、と仰って下さって、なかなか良い幸先だと思っています。

 
あとは、繊維の長さが足りることを祈るのみ。。。。
結果が届き次第、こちらにupdateしていきますね。
ではまた。

 
(2016/12/01)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on facebook

May all beings be happy

समस्ताः लोकाः सुखिनो भवन्तु

世界中がColorfulな笑顔に染まりますように

वसुधैव कुटुम्बकम्

世界は、ひとつの家族


Ms.Ranee

Distributor in Japan

この度、やさいいろの統括販売店の役目を担うことになりました株式会社 仁丸商事 代表取締役の木野 友焚です。

代表ラニーから、その独自性と考え方を聞き、直感でこの商品を世界に広めなくては!という使命感が芽生えました。私たちは、環境と美容健康事業をメインとした企業で、理念である《ヒト、大地、海の還元》はMaharanee Organicと共通しています。

やさいいろと共に、人と地球に優しい企業であり続けます。
Distributor in Japan

YASAIIRO STAFF

Maharanee Organic Pvt.Ltd.
Managing Director
Maharanee Organic代表。飛び込んだ先の南インドにて、あったらいいなを形にしていく人。画家/イラストレーター/版画家。
微生物研究学者
Microbiologist
日々ラボにて色を生み出す実験をしている。仕事熱心研究熱心。リサーチ大好き、とてもひょうきん者である。
ラボ代表
Director of LPN
目先の利益ではなく、地球環境を想いエコプロダクトを作る。筋トレ大好きすぎて念願のシックスパックをGET!
Maharanee Organic Pvt.Ltd.
Marketing Manager
ホームページ制作と広報を担当。埼玉の田舎で猫と暮らしながら宇宙と人生の楽しさを追求中、趣味は瞑想とインドの寺院巡り。