Maharanee Organic

南インドから野菜でつくった染料を世界へ届けます

BLOG, brand story, ...

From the director

From the director

人にも地球にも本当にやさしくて安全で

舐めても水に流しても土に捨てても無害な

わたしたちの何代先までも考えた

そんな自然からの恵みと愛たっぷりの

作品を生み出していく会社です。

Ms.Ranee / Managing Director   

Our Creation For The World

はるか昔、紀元前から伝わるインドの叡智と

日本人の繊細な感性から生み出される

自然界と調和した、あたらしい色のカタチ

わたしたちは、南インドの肥沃な大地で育った野菜から染料を開発しています。

描くもの、食べもの、着るものなど、誰もが安心して使える"色"を世界へ届けます。

*衣服用の染料は研究開発中となります。

Let the children be free in their expression

『やさいいろ』は、無添加にこだわり、防腐剤や保存料、人工着色料もいっさい使っていない絵の具です。

発色の美しさ、安全性、色の定着度、使いやすさなどを、南インドで微生物研究者と一緒に開発をつづけて6年あまり・・

野菜だけで作った絵の具"やさいいろ"が完成しました!

子供があやまって舐めても安心な絵の具です。

自由に、伸びやかにあなた自身を表現してみてください。
Let the children be free in their expression

The Mother Nature' Colors

インドの豊富なオーガニック野菜から作った、子供が舐めても大丈夫な絵の具です。
より楽しくより自由に、のびのびと絵を描けるように。



原材料は無農薬の野菜やハーブです。
原材料はすべて南インドで栽培され、可能なかぎり無農薬にこだわりターメリック、ビーツ、紫キャベツなどから色を抽出しました。
添加物や保存料はいっさい使っていません。
子供たちが安全で健康に遊べる、食べることができるように徹底して無添加で作り上げた色なので、お母さんも安心です。
人と暮らしに調和をもたらす色です。
自然界から抽出した優しい色は、私たちの暮らしにうるおいと優しいハーモニーをあたえてくれるでしょう。
Pure heart, Real  color

Pure heart, Real color

わたしたちマハラニオーガニックは、自然界から生み出される色で世界に貢献します。

野菜から作られた染料を、絵の具、食品用の着色料、そして衣服へ

さらに色とりどりのキャンディー、虹色のケーキへ、、、

いつも何気なく口にするもの、身に付けるもの、触れるもの。それが、人にやさしい、自然から生み出された色だったら良いと思いませんか?

ささやかかもしれない、けれど、大事なところ。

色から世界を変えていきます。

世界最高品質のオーガニックコットンに出会うまでの話 2

世界最高品質のオーガニックコットンに出会うまでの話 2
ポラチは、南インド、タミルナドゥ州のコインバトールから、車でさらに1時間くらい南下した場所にある、本当に物静かな農業エリアです。この日私たちは農家のボスの工場を訪れました。



まず見学したのはジン工場。ジンニングと言って、収穫した後のコットンを、まずは人の手により丁寧にゴミを取り去り、良いものと悪いもので分けていきます。

そして機械の中でふんわりと回転させながら、重さや品質の悪いものをはじき、そして伸ばし、(イメージとしては、製麺機みたいな感じ)圧縮された後、ミル工場へと運ばれます。
ミル工場は、コットンから糸にするところ。丁寧に、丁寧に、調整された湿度と温度の中、幾度もの過程を経て、やっと糸になるのです。

 
一番感激したのは、オーガニックコットンの畑でした。

オーガニックコットンの畑に行くと、私の求めていたオーガニックコットンのスビンの花が、様々な背丈で咲き乱れていました。中には190センチを超える丈も。とても背が高いのです!そして、房によってはまだ蕾のもの、花のもの、コットンボールが顔を覗かせているものもあります。


背丈や成長が不揃いなままなのは、成長促進剤、成長抑制剤を使っていない証拠です。

インドでは人の手で大事にコットンボールを摘み取ることができるので、一斉に刈り取るための枯れ葉剤も使われません。

 
もしあなたが、洋服を工場にオーダーしよう!と思ってネットを開けば、いくらでも発注先は見つけられるでしょう。けれど、それがオーガニックかどうかは、誰にもわかりません。


縫製工場は言います。「布屋がオーガニックコットンだと言っているからオーガニックだ」と。布屋も「糸屋がオーガニックコットンだと言っているからオーガニックだ」と言うでしょう。GOTSやETICOと言った証明書もついてきます。けれど、ほんの数パーセントなら、そうでなかったとしても、そうでないものが使われ混じったとしても、オーガニックコットンだと書いても良いと、ご存知ですか?

 
インドで特に難しいと思うことに、信頼できる取引先を見つけることがあります。きちんと内側を公表してくれるか。見えないところで嘘はないか。マハラニオーガニックは、そのオーガニックコットンの畑の肥料に何を使われているか、そこからしっかりチェックしていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on facebook

May all beings be happy

समस्ताः लोकाः सुखिनो भवन्तु

世界中がColorfulな笑顔に染まりますように

वसुधैव कुटुम्बकम्

世界は、ひとつの家族


Ms.Ranee

Distributor in Japan

この度、やさいいろの統括販売店の役目を担うことになりました株式会社 仁丸商事 代表取締役の木野 友焚です。

代表ラニーから、その独自性と考え方を聞き、直感でこの商品を世界に広めなくては!という使命感が芽生えました。私たちは、環境と美容健康事業をメインとした企業で、理念である《ヒト、大地、海の還元》はMaharanee Organicと共通しています。

やさいいろと共に、人と地球に優しい企業であり続けます。
Distributor in Japan

YASAIIRO STAFF

Maharanee Organic Pvt.Ltd.
Managing Director
Maharanee Organic代表。飛び込んだ先の南インドにて、あったらいいなを形にしていく人。画家/イラストレーター/版画家。
微生物研究学者
Microbiologist
日々ラボにて色を生み出す実験をしている。仕事熱心研究熱心。リサーチ大好き、とてもひょうきん者である。
ラボ代表
Director of LPN
目先の利益ではなく、地球環境を想いエコプロダクトを作る。筋トレ大好きすぎて念願のシックスパックをGET!
Maharanee Organic Pvt.Ltd.
Marketing Manager
ホームページ制作と広報を担当。埼玉の田舎で猫と暮らしながら宇宙と人生の楽しさを追求中、趣味は瞑想とインドの寺院巡り。