Maharanee Organic

南インドから野菜でつくった染料を世界へ届けます

BLOG

世界最高品質のオーガニックコットンに出会うまでの話 2

世界最高品質のオーガニックコットンに出会うまでの話 2
ポラチは、南インド、タミルナドゥ州のコインバトールから、車でさらに1時間くらい南下した場所にある、本当に物静かな農業エリアです。この日私たちは農家のボスの工場を訪れました。



まず見学したのはジン工場。ジンニングと言って、収穫した後のコットンを、まずは人の手により丁寧にゴミを取り去り、良いものと悪いもので分けていきます。

そして機械の中でふんわりと回転させながら、重さや品質の悪いものをはじき、そして伸ばし、(イメージとしては、製麺機みたいな感じ)圧縮された後、ミル工場へと運ばれます。
ミル工場は、コットンから糸にするところ。丁寧に、丁寧に、調整された湿度と温度の中、幾度もの過程を経て、やっと糸になるのです。

 
一番感激したのは、オーガニックコットンの畑でした。

オーガニックコットンの畑に行くと、私の求めていたオーガニックコットンのスビンの花が、様々な背丈で咲き乱れていました。中には190センチを超える丈も。とても背が高いのです!そして、房によってはまだ蕾のもの、花のもの、コットンボールが顔を覗かせているものもあります。


背丈や成長が不揃いなままなのは、成長促進剤、成長抑制剤を使っていない証拠です。

インドでは人の手で大事にコットンボールを摘み取ることができるので、一斉に刈り取るための枯れ葉剤も使われません。

 
もしあなたが、洋服を工場にオーダーしよう!と思ってネットを開けば、いくらでも発注先は見つけられるでしょう。けれど、それがオーガニックかどうかは、誰にもわかりません。


縫製工場は言います。「布屋がオーガニックコットンだと言っているからオーガニックだ」と。布屋も「糸屋がオーガニックコットンだと言っているからオーガニックだ」と言うでしょう。GOTSやETICOと言った証明書もついてきます。けれど、ほんの数パーセントなら、そうでなかったとしても、そうでないものが使われ混じったとしても、オーガニックコットンだと書いても良いと、ご存知ですか?

 
インドで特に難しいと思うことに、信頼できる取引先を見つけることがあります。きちんと内側を公表してくれるか。見えないところで嘘はないか。マハラニオーガニックは、そのオーガニックコットンの畑の肥料に何を使われているか、そこからしっかりチェックしていきます。

Raneeの絵仕事

 
マハラニオーガニック代表ラニーの本職は画家&版画家です。

透明水彩絵の具やさいいろとソフトパステルを使って、肖像画の制作をうけたまわっております。
 
・ご自身の肖像画
・ご家族の肖像画
・ご友人の肖像画
・ペットの肖像画
 
などをまるで呼吸をしているかのうように生き生きと描きます。
 

絵仕事の詳細をみる

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on facebook